次世代の産業を担う【中小企業】初めて明かされる秘話
日本再生の鍵を探せ 企業x学校物語

超円高とグローバル化で正念場を迎えた日本の靴

 

プリント

超円高とグローバル化で正念場を迎えた日本の靴

◆文:大高 正以知(本誌)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほんの10年ほど前までは年間7,000万足から8,000万足も売られていた国産革靴が、今や2,000万足を下回っているという。代わって伸し上がってきたのが輸入革靴で、これが実に3,500万足も売れているのだ。言うまでもなくそのほとんどがアジア産である。

「かつて言われたアジアの靴は質が悪いという定説は、もうとっくに覆っています。欧米の有名ブランドが賃金の低いアジアでつくるようになってから、彼らもいい靴のつくり方を覚えたんですね。もはや国内産と比べてもほぼ遜色がありません。そこへもってきてこの超円高です。今後のグローバリゼーションを考えると、立て直すのはたいへんだと思いますよ」(流通アナリスト)─。

いよいよ正念場である。

 

もうひとつ上の付加価値を

そこで革靴のメッカ、花川戸(東京都台東区)から東浅草(同)までの一帯を歩いて、町の様子を探ってみた。余談ながら、筆者が高校入学に当たって初めて革靴を買ったのも、どの店だったかは忘れたが、花川戸辺りの紳士靴店である。確か平日の夕暮れどきだったと思うが、たいへんな賑わいだったと記憶している。しかし残念ながら、その面影は今やない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とまれ一軒の婦人靴店に、足を踏み入れてみた。30歳代と思しき白人女性が二人、それぞれ思い思いのパンプスを手に議論を闘わせ?ながら、品定めをしている光景が目に入ったからだ。聞くと二人とも年に2回ほど来日し、その都度、友人や家族に頼まれた分も含め、3足ほど買って帰るのだという。不調法にして喋っている英語の半分も理解できなかったが、「ワンダフル!」という言葉だけははっきりと聞き取れた。もちろんメイドインジャパンが、である。ちなみに「シャープでデザイン性が高いにもかかわらず、丈夫で履き易いとかなりの評判ですよ」。これは店主の補足だ。

 

そこでその靴をつくったメーカーの本社工場を訪ねてみた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1時間余り見学させてもらったが、はっきり言って驚くほかない。僅か24㎝、百ん十g程度の婦人靴の片方をつくるのに、設計から型抜き、裁断、縫い込み、起毛から貼り合わせ、圧着から踵の打ち込み、表皮の最終仕上げまで、なんと30近い工程(職人の手)を経てつくられているのだ。

「0・1㎜以下の誤差も許さない。それが俺たちのクオリティーなんですよ」(若い職人さん)。

あとはそれにプラスしてもうひとつ上の付加価値だと、関係者は言う。

「そのためには、決定的にいい素材を使い、効果的にPRすること。それがもう一段上のブランディングに必ず繋がります」。

メイドインジャパンの底力が、今、着実に芽を吹こうとしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プリント

取材協力/株式会社シャミオール

〒111-0025 東京都台東区東浅草1-19-6

TEL 03(3874)9601

http://www.shamior.co.jp

※2013年1月号:探訪の記事より再構成。

WEBでは公開されていない記事や情報満載の雑誌版は毎号500円!

雑誌版の購入はこちらから

記者が選ぶおすすめ記事 

へぎ板職人

熟練の職人技は一朝一夕で体得できるものではないが、写真付きのマニュアルを残しておけば、後世のいつの時代か、担い手が出てきた際に役に立つ。文化保護の観点からも意義は大きい。ここはひとつTeachmeの力を借りて、国レベルでこの課題に取り組むべきである。

途絶えかけた職人の技術を後世に伝えるTeachmeの可能性

 

P1000481 (1280x933)

いま、東京の東サイドが、オシャレなスポットに生まれ変わろうとしている。特に、蔵前あたりは、オシャレな雑貨屋さんと古き良き町並みが混然としていて、東京で最も刺激的なスポットと言える。このうねりを巻き起こした3団体リーダーによる鼎談!

モノマチ×あつらえ×SPEAK EAST! 変貌を遂げる台東区、この街はいずれパリになる!

 

DSC_1337 (1280x850)

映画寅さんのモデルになった葛飾区柴又のお団子屋さん。

髙木屋老舗 「地域振興は〝おバカさん〟が旗を振れ!? 」

お問い合わせ

本記事に対する、ご意見ご感想をお待ちしております。
BigLife21に対するご感想などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
※メールアドレスが公開されることはありません。

最新号ご案内

詳細を見る »

こちらからご購入いただけます

 

アクセスランキング

立ち読み

「BigLife21」の記事の一部をPDFで立ち読みすることができます。

読者プレゼント

Top