次世代の産業を担う【中小企業】初めて明かされる秘話
日本再生の鍵を探せ 企業x学校物語

SECが結晶太陽電池世界第6位のJinKOソーラーと業務提携 初年度100億円、年間50メガワットも視野に

プリント

SECが結晶太陽電池世界第6位のJinKOソーラーと業務提携

初年度100億円、年間50メガワットも視野に

 

13_SEC03_kakomi

去る7月24日、独立系のエレベーターメンテナンス会社としては国内最大手のSECエレベーターと、結晶太陽電池メーカーとしては世界第6位のJinKO(ジンコ)ソーラー=中国=が、東京都内のホテルで共同記者会見を開き、国内外における今後の販売戦略を視野に、フィフティ・フィフティの業務提携を結んだと発表した。

 

SECはこれまでも、国内大手硝子メーカーと技術提携をするなどして、独自の太陽光パネルを開発し、メガソーラー、一般住宅、マンション、工場、ビルの屋上や屋根を設置対象に、年間約20億円を売り上げている。それに加え、JinKOの製品をシステムに取り入れた今春からは、僅か3カ月間で13億円を売り上げたばかりか、「今年度もすでに70億円ほど受注しており、最終的(2014年5月期)には100億円に達する見込み」(鈴木孝夫会長兼CEO)だ。

 

ここ数年のうちにも年間50メガワットを達成すべく、これまでは太陽光発電事業を担当する1セクションだった新エネルギーサイエンス開発課を分社化し、人的増強を図ったうえで、この9月にも新会社「新エネルギーサイエンス」として発足させる。併せてJinKOとの共同開発ブランドとして、新たな太陽光発電モジュール「SEC-JinKO」を市場に送り出す計画だ。

一方のJinKOは、この年初に日本オフィスをオープン。

 

「JinKOの更なる成長にとって、日本はもっとも重要で欠かすことのできない市場」(李仙德董事長)と位置付けており、全国約160拠点に及ぶSECのサービス網に期待を寄せたと見られる。

あと数年で売電制度は打ち切られると言われているのに、なぜ今ごろになってSECは新たな投資をし、JinKOは日本に進出したのかという記者の質問に対しては、鈴木会長兼CEO、李董事長とも、

「再生可能エネルギーの開発は、もはや目先の損得を超えた、人類全体の宿題だ」と、口を揃えた。まさしくその通りである。

 

▼SECエレベーター株式会社の他の記事▼

・対前年比で売り上げ倍増も!? SECエレベーター絶好調 上げ潮に乗って体制強化も着々

・new SEC、いよいよ発進!! エコロジー&エコノミーをワンストップで

・さあ登板だ! ~新社長に訊く~ 感謝の心を自らの役割に替えて しっかり、着実に、皆さんの期待に応えたい

 

プリント

●SECエレベーター株式会社

〒110-0016

東京都台東区台東3-18-3 SECビル

TEL 03-3833-1398

http://www.secev.co.jp/

 

◆2013年9月号の記事より◆

お問い合わせ

本記事に対する、ご意見ご感想をお待ちしております。
BigLife21に対するご感想などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
※メールアドレスが公開されることはありません。

最新号ご案内

詳細を見る »

こちらからご購入いただけます

 

アクセスランキング

立ち読み

「BigLife21」の記事の一部をPDFで立ち読みすることができます。

読者プレゼント

Top