次世代の産業を担う【中小企業】初めて明かされる秘話
日本再生の鍵を探せ 企業x学校物語

阿左美冷蔵 – 秩父・長瀞で大人気! 老舗製氷店の仕掛けとは

オビ 企業物語1 (2)

大切なのは「ワクワクするような驚き」と「非日常感」

秩父・長瀞で大人気! 老舗製氷店の仕掛けとは

【フカボリ・話題のスポット】 阿左美冷蔵

 

オビ ヒューマンドキュメント

asami_reizo01

氷の切り出しの様子

 

 

口に運べばふんわり、するり。

心地よい冷気と僅かな甘みを感じさせながら、はかなく消える。秩父の厳冬と清流がつくる、天然氷のかき氷……。

埼玉県・秩父郡に2店舗を構える阿左美冷蔵は、冬の寒さで凍らせた天然氷の製造・販売を生業とする老舗だ。

創業は明治23年。氷は家庭でつくることが当たり前となった現在では希少な、天然氷をつかったかき氷を提供。長瀞観光のガイドブックに必ず登場し、夏場には涼を求める観光客が連日大行列をつくる大変な人気店である。

 

阿左美冷蔵で天然氷づくりが本格的に始まるのは、ちょうど今ごろから。山の奥深くにつくられた巨大な2面の氷池に伏流水を引きいれ、自然のままに任せて凍らせていく。

氷池の大きさはあわせて300平方メートル程度、ちょうど山の裾野に位置しており、11月から2月までは日が差さない。氷づくりに最適なこの場所は、当代の祖父がようやくの思いで見つけたものだ。

 

しかしながら、水を貯めておくだけでは良い氷はできない。

優れた硬度と透き通るような美しさを持つ天然氷をつくるためには、人の手入れが不可欠だ。日が昇る前には氷池へと向かい、つるはしの背をつかって壁面の氷を割る。

氷池は全面コンクリート製だが、こうして壁面を保護しないと、水が凍る時の膨張力であっという間に壊れてしまう。

さらに氷面に不純物が入らないように、日中には何度も落ち葉掃除を繰り返し、雪が降ればすぐさま除雪にかけつける。

一日、一瞬たりとも気を抜くことはできない。心身ともに大変な労力がかかる作業である。

 

じっくり、ゆっくりと時間をかけて氷を育てあげ、厚みが15センチ近くになったころ。ようやく池から氷が切り出される。これもまた、その大半が手作業だ。

最初の切り出しが行われるのは早くて1月頭ごろ。だが近年では温暖化の影響で、1月終わりまで遅れることも多いという。氷がとれる量も、随分少なくなった。

 

気温、天候、水の良さ、そして惜しみない労力……さまざまな条件が、奇跡的に揃うことで天然氷はようやく完成する。もちろんその味は格別だ。

不思議と凍らせる前の生水よりも、まろやかで、水の甘みが強く感じられるようになるという。

この天然氷をかき氷にするのだから、美味しくないわけがない。

 

阿左美冷蔵2P2

写真左:オリジナルメニューがずらり。この季節ならではのメニューも。写真右:寶登山道店外観

 

 

 
歴史・素材・味の良さの三拍子揃う阿左美冷蔵だが、さらなる仕掛けがある。その鍵は「非日常感」と「小さな驚き」にあると、阿左美冷蔵の6代目当主である阿左美幸成氏。

 

asami_reizo02阿左美幸成氏

「長瀞に遊びに来てくださる方にお話を伺ったところ、皆さん都会で頑張ったご褒美や、驚きを求めていらしてくださっていると仰られたのです。だからこそ、かき氷の美味しさはもちろんですが、その提供の仕方にもこだわっています」

 

着目すべきは、老舗らしさとモダンさを共存させた空間づくりにある。

山間にひっそりとたたずむ本店は、昔ながらの茶屋の名残を残す一方、2008年に開店した寶登山道店はまるでおしゃれなカフェのような外観。また、本店にはかき氷を食べて冷えたからだを温める、足湯まで用意されている。

「氷を食べる空間も、思い出の一部にしてほしい」という幸成氏の心配りからだ。

 

さらに出てきたかき氷を見て驚いた。天然氷がこれでもかと、大きな山をつくっている。

上にかけるシロップは常時6~10種類。とちおとめをつかった贅沢なイチゴシロップのほか、珈琲&キャラメルといった洋風シロップ、黒落花生に練乳をあわせた今までにないような組み合わせもある。

『乙女のイチゴみるく』『メロン王子のミルクリッチ』などネーミングも可愛らしい。

季節や店舗ごとにシロップが変わるため、2店舗を行き交うリピーター客の獲得にも繋がっているという。

 

阿左美冷蔵2P2蔵元秘伝みつ 白あん

「お客さんからおおっと歓声があがった時が本当に嬉しいんです。ああ、良かったと思ってね。そういった気持ちでお出しする。これだけですよ」と幸成氏は優しく微笑んだ。

 

かき氷といえば夏季限定という店舗も多いが、阿左美冷蔵は年間営業。特にこれからの季節は混雑も穏やかになり、ねらい目だ。

平安の頃より珍重され、貴族たちから愛されてきたという古来ゆかしい天然氷。その味を現代に伝えるかき氷をぜひご賞味あれ。

 

 

 

オビ ヒューマンドキュメント

●プロフィール

阿左美幸成(あさみ・ゆきなり)氏…1975年、代々製氷業を生業とする阿左美家に生まれる。2006年より6代目当主に就任。明治より受け継がれてきた天然氷製法を守る傍ら、若い感性とアイディアを活かした経営取り組みを実践。長瀞エリアの観光や地域振興にも貢献するほか、天然氷を後世へと伝えるための普及活動や環境保全活動にも力を入れている。埼玉県商工会青年部連合会監事。

 

●阿左美冷蔵金崎本店

〒369-1621 埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27-1

TEL 0494-62-1119

10時00分~16時30分頃まで (木曜日定休)

阿左美冷蔵2P2

 

 

 

 

 

 

 

●氷茶房&Garaly  阿左美冷蔵寶登山道店

〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞781-4

TEL 0494-66-1885

10時00分~17時00分頃まで (火曜日定休)

阿左美冷蔵2P2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆2016年11-12月合併号の記事より◆

WEBでは公開されていない記事や情報満載の雑誌版は毎号500円!

雑誌版の購入はこちらから

 

 

 

 

お問い合わせ

本記事に対する、ご意見ご感想をお待ちしております。
BigLife21に対するご感想などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
※メールアドレスが公開されることはありません。

最新号ご案内

詳細を見る »

こちらからご購入いただけます

 

アクセスランキング

立ち読み

「BigLife21」の記事の一部をPDFで立ち読みすることができます。

読者プレゼント

Top