次世代の産業を担う【中小企業】初めて明かされる秘話
日本再生の鍵を探せ 企業x学校物語

冨田和成 株式会社ZUU ‐ 新しいマーケティングのカタチ 「コンテンツマーケティング」とは何なのか?

 

オビ コラム

新しいマーケティングのカタチ

「コンテンツマーケティング」とは何なのか?

◆文:冨田和成(株式会社ZUU 代表取締役社長兼CEO)

public-domain-images-free-high-resolution-quality-photos-unsplash-0191

今回からは、「ウェブマーケティング」をテーマに、これからの時代どこの企業でも知っておきたい今注目のマーケティングトレンドを紹介していきたいと思います。

近年、日本で注目度が上がっているマーケティング手法として「コンテンツマーケティング」が挙げられます。アメリカではすでにコンテンツマーケティングは一般化しており、日本でも2014年はかなりコンテンツマーケティングが導入され、実績を積み重ねています。2015年もマーケティング施策の中心として活用されると考えられます。

では注目が集まっているこのコンテンツマーケティングとは、実際にはどのような手法なのでしょうか。

 

■コンテンツマーケティングとは?

2014年10月1日、コンテンツマーケティング研究の先駆け的存在として知られる米コンテンツ・マーケティング・インスティチュート(CMI)が発表した「B2B Content Marketing 2015:Benchmarks, Budgets, and Trends—North America」によると、北米のB to B企業の86%がコンテンツマーケティングを活用し、38%が「効果がある」と評価しています。

コンテンツと聞くと、アニメやゲーム、キャラクターなどをイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、アメリカで導入されたコンテンツマーケティングはこれとは一線を画しています。ここでいうコンテンツとは、ユーザーにとって〝価値のある情報や体験〟を指します。そして、コンテンツマーケティングとは、ブログ、メルマガ、セミナー、動画などを通じて〝価値のある情報〟を配信することで消費者へ自然と購買行動を起こさせる関係づくりのことです。継続的にコンテンツを配信することで、ユーザーとの長期的なコミュニケーションを図り、顧客のニーズ喚起を図るのが特徴といえます。

つまり、商品を売るのではなく、顧客が必要としている情報を適切に提供し、商品への自然な動線をつくることで見込み客を満足させ、購買につなげるという手法です。

 

■コンテンツマーケティングを成功させるポイント

コンテンツマーケティングを実際に成功させるポイントは、どこにあるのでしょうか? 国内ではメガネ専門ECサイト「Oh My Glasses」が、ウェブマガジンを用いたコンテンツマーケティングに成功しています。ECでの購入に対して返品無料などの工夫を行うと共に、自社メディアに顧客を誘導し集客しています。うまくいっているポイントとしては、「SNS経由」にあります。タイムラインの中で流れる情報を自然に消費者の目に触れさせ、ファンが自主的に拡散をすることによって、集客や顧客の育成につなげているのです。

 

 

■コンテンツマーケティングの今後の課題

コンテンツマーケティングが国内でも拡大し、主流になっていくためには、今ある課題を解決していくことが必要となります。

まず最大の課題としてあげられるのが「コンテンツ制作」です。コンテンツ制作にはライターが欠かせませんが、質の高いライターは一握りしかおらず、クラウドソーシングで安価に大量生産しているのが現状です。これではコンテンツの品質面を担保するのは非常に難しいです。

また、企業側のリスク回避の意図が記事に反映しすぎることで、面白みもなにもない記事ができ上がってしまう点も課題といえます。また、効果検証をどのように行うかも今後の課題としてあげられます。

2015年、コンテンツマーケティングが盛り上がりを見せるかどうかは、これらのソリューションにかかっています。

 

▼ZUU online ▼

ZUU

ƒvƒŠƒ“ƒg

富田

筆者プロフィール/冨田和成(とみた・かずまさ)

企業経営のための専門サイト経営者onlineを運営している。

参考:経営者online http://keieisha.zuuonline.com/

大学在学中にソーシャルマーケティングにて起業。2006年に一橋大学を卒業後、野村證券株式会社に入社。支店営業にて同年代のトップセールスや会社史上最年少記録を樹立し、最年少で本社の超富裕層向けプライベートバンク部門に異動。その後シンガポールへの駐在とビジネススクールへの留学やタイへの駐在を経て、本店ウェルスマネジメント部で金融資産10億円以上の企業オーナー等への事業承継や資産運用・管理などのコンサルティングを担当。2013年3月に野村證券を退職し、2013年4月株式会社ZUUを設立、現在に至る。

【お問い合わせ先】 株式会社ZUU

info@zuuonline.com

2015年4月号の記事より
WEBでは公開されていない記事や情報満載の雑誌版は毎号500円!

雑誌版の購入はこちらから

お問い合わせ

本記事に対する、ご意見ご感想をお待ちしております。
BigLife21に対するご感想などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
※メールアドレスが公開されることはありません。

最新号ご案内

詳細を見る »

こちらからご購入いただけます

 

アクセスランキング

立ち読み

「BigLife21」の記事の一部をPDFで立ち読みすることができます。

読者プレゼント

Top