次世代の産業を担う【中小企業】初めて明かされる秘話
日本再生の鍵を探せ 企業x学校物語

ネット通販代行、違法の線引

 

オビ コラム

ネット通販代行、違法の線引

◆文:伊藤信和(弁理士・諏訪坂特許商標事務所)

 

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

あたり前の話ですが、良い商品があっても、それが一つの店舗でしか売っていない場合は(ネット通販もしていなければ)、その店舗に行って購入する必要があります。商品を購入したいけれども、遠方に住んでいるために、購入できないということって、結構有りますよね。

さて、ニーズがあるならば、他社の商品であれ、それを大量に購入してネット通販をして儲けようと考える個人・会社がでてくるもの。実際に、他社の商品を通販する会社がネット上で散見されます。その中でも、比較的規模の大きな通販代行業者に、家具やインテリアを販売する「IKEA」の通販代行業者があります。

ところで、このようなネット通販代行は、適法なのでしょうか違法なのでしょうか。

「IKEA」の商標権を持つ「インター・イケア・システムズ・ビー・ヴィ」(本社・オランダ)が、イケアの通販代行業者を、2013年6月に訴えた裁判があります。この裁判は和解に至ったと思われ、判決はでていません。判決がないため詳細はわかりませんが、新聞記事などを参考にしますと、ネット通販代行業者は、商標権・著作権侵害で訴えられているようです。

まず、商標について調べてみますと、「インター・イケア・システムズ・ビー・ヴィ」は100以上の商標権を検討してみます。商標は、標準文字の「IKEA」から下記のようにロゴ、カタカナも登録しています。

イケア2 イケア3 イケア

指定商品・役務(サービス)も家具インテリアにとどまらず広く権利化しています。ちなみに通販代行の役務(サービス)は第35類に含まれますが、その区分でも「インター・イケア・システムズ・ビー・ヴィ」は商標権を有しています。

このため、通販代行業者が「IKEA通販」とか「イケアネット販売」など「IKEA」又は「イケア」を含む店舗舗名を使うと、商標権侵害になります。

通販サイトの店舗名が、例えば「ビッグライフ21ネット通販」であれば、IKEAの家具などの商品を通販代行しても商標権侵害しませんし、その通販サイトの商品説明で、例えば、『「IKEA」の正規品を通販します。』と書いてあれば、正規品、つまり真正な商品を扱っている事実を告知しているだけですから商標権侵害しません。

 

次に著作権侵害ですが、通販代行業者は、IKEA公式サイトの商品の写真を、自身の通販サイトに転載していたようです。油絵が、画家(著作者)とする“著作物”であるように、写真もまた、撮影者(著作者)とする“著作物”です。その写真をそのまま転載しているのであれば、著作権侵害が明らかです。

この著作権侵害を避けるためには、IKEAの商品の写真を自分で撮れば問題ありません。IKEAの商品を、IKEAの店舗内で撮影することはできません。IKEAでは店舗の入IKEAの入り口には「写真撮影禁止」という表示が見られます。このため、商品の写真を撮るとなると実際に商品を購入し、写真撮影する必要があります。これで著作権侵害がなくなります。

 

まとめますと、ネット通販代行は、商標権侵害しない自分の店舗名で小売りをし、購入した正規の商品の写真を自分で撮影しその写真をホームページに載せ、その商品をインターネット通販すれば、何ら違反な行為はありません。

「IKEA」の商品は、通販代行業者が日本の店舗で購入した商品を販売していましたが、外国で購入した商品をネット通販する場合はどうでしょうか。ネット検索しますと、多くは並行輸入代行サイトがヒットします。外国の商品の方が、その店舗に行って購入することがさらに困難になりまた為替の問題もありますから、より需要があるかもしれません。

外国で購入した商品の商標でも、その企業が日本商標権を有していることが多いです。また諸外国も日本も著作権保護に関するベルヌ条約に加盟しています。このため、先ほど「IKEA」の例で説明したように、商標権侵害しない自分の店舗名で小売りをし、購入した正規の商品の写真を自分で撮影しその写真をホームページに載せれば問題なく通販事業ができます。

商才のあるあなた!通販事業に飛び込んでみませんか。

 

オビ コラム

1372936_449717825139015_169435180_n (1)

●プロフィール

伊藤信和(いとう・のぶかず)…金沢大学工学部機械科卒業 平成6年 弁理士試験合格/ワシントン大学法学部CASRIP終了(2006年)/工作機械メーカー機械設計/国内・外資企業の知的財産部勤務(経験16年)/特許事務所を開設(2006年~)

●諏訪坂特許商標事務所

〒102-0083

東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町

TEL 03-5213-5413

http://www.itopto.com/index.html

こんにちは。
質問があります。
とは言えIKEAの通販業者のホームページを見ているとIKEAの商品写真をそのまま使っているところがほとんどです。
こういったお店はIKEAから訴えられないのでしょうか。
また、サムネイル画像を商品写真にしているところもありますがサムネイル画像なら良いのでしょうか?

2015年5月26日2:12 PM |  太郎

ご質問有難うございます。
記事にも記載しましたように、他人の写真(他人が著作権を有している)を同意を得ることなく自分のホームページなどで使うと、著作権侵害になります。サムネイル表示であっても、著作権侵害となります。
一方で他人のURLを載せる(いわゆるリンクを張る)ことは、ホームページの中にある情報にたどり着けることを指示するに止まり、著作権侵害にならないとされています。

技術的に詳しくないのですが、最近の技術では、他人のホームページの写真のみを自分のホームページにリンクを張ることも可能なようです。例えば、あるホームページにYoutubeの一場面が表示されており、その画像をクリックすると、Youtubeのホームページに行きその映像が見れる技術です。このような場合も、著作権侵害にならないとされています。

ご質問では、多くのIKEAの通販会社が、IKEAの写真を使っているとのことです。写真をクリックするとIKEAのホームページに行くこともないのであれば、著作権侵害になります。IKEAがどのように対応しているか知りませんが、何らかの対応をしているのではないでしょうか。

2015年5月27日9:28 AM |  伊藤信和

著作権侵害に関しまては、よく理解できました。感謝します。
ところで、海外で自分の商標権をほゆうしない商標使用者の商品を、国内の複数のものがインターネット販売した場合した場合、そのうちの1人が国内で商標件を保有していたら、他の者はその商標の商標侵害になるでしょうか?
またそれをインタ-ネット上に販売広告として掲載させた、インターネットショッピング会社も商標権侵害になるのでしょうか?
ご意見をいただけると幸いです。

2015年9月5日2:06 PM |  酒井敏彦

正規品の並行輸入は、商標権侵害になりません。模倣品や海賊品を販売すると、商標権侵害になります。

2015年9月6日10:47 AM |  伊藤信和

お問い合わせ

本記事に対する、ご意見ご感想をお待ちしております。
BigLife21に対するご感想などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
※メールアドレスが公開されることはありません。

最新号ご案内

詳細を見る »

こちらからご購入いただけます

 

アクセスランキング

立ち読み

「BigLife21」の記事の一部をPDFで立ち読みすることができます。

読者プレゼント

Top