次世代の産業を担う【中小企業】初めて明かされる秘話
日本再生の鍵を探せ 企業x学校物語

SmartNews × ランサーズ|実例で見るクラウドソーシング活用法④

obi2_column

実例で見るクラウドソーシング活用法④

SmartNews × ランサーズ

◆文:関島 慶太(ランサーズ株式会社)

04_Lancers01

株式会社スマートニュース社 代表取締役社長 浜本階生(はまもと・かいせい)氏

企業の雇用形態、個人の働き方に革命をもたらしている「クラウドソーシング」。本特集では、国内最大級のクラウドソーシングサイト「Lancers(ランサーズ)」の協力を得て、実際に仕事を依頼した企業の事例を毎号紹介している。今号では、クラウドソーシングを活用して業務スピードを劇的に加速させ、見事ビジネスを成功に導いた企業の事例を紹介したい。

 

public-domain-images-archive-high-quality-resolution-free-download-splitshire-0008

製造業のグローバル市場において、中国・韓国・台湾をはじめとするアジア企業の躍進が際立つ昨今、日本のものづくりの将来を担う中小企業は、力戦奮闘していることだと思われる。

 

アジア企業がグローバル市場で成功している理由は色々な形で語られる一方で、それでは彼らにあって、日本にないもの、日本企業に足りないものがなにであるかを考えると、〝市場の変化に迅速に対応できるスピード感〟という理由が挙げられることが多い。日本にないもの=スピード感と、未だこの文脈で語られてしまう日本企業のアキレス腱を、解消してくれる可能性を、実はクラウドソーシングは持っている。

クラウドソーシングは、業務にスピード感を生み出す恰好のツールなのだ。社内ではスピード感がイマイチの案件でも、クラウドソーシングを利用してスキルのある社外の個人に依頼すれば、驚く早さで仕上がってくる。

 

握手

話題のスマートフォンニュースアプリ「SmartNews」の開発を行うスマートニュース株式会社は、会社にとって重要な局面でランサーズを活用することでスピード感のある業務を実現し、見事に会社のピンチをチャンスに変えた。

SmartNewsのコンセプトは〝世の中の話題を最も手軽なかたちで多くの人に届ける〟こと。何よりも〝手軽に〟届けるために、スマートフォンアプリを利用してニュースを提供している。

Webブラウザを利用する場合、ネット環境が整わない場所ではリンクの読み込みが遅く、読める記事の数が限られてしまいがちだが、アプリであればネット環境にとらわれることなく、気になる記事を気軽に拾い読みできる。スマートニュース社の浜本階生氏(代表取締役社長)は、今までにない「新しい情報閲覧スタイル」と説明している。

 

今ではその「手軽さ」が多くのユーザーから支持され、人気ニュースアプリとなったSmartNewsであるが、その開発は平坦な道ではなかったと浜本氏は振り返る。

 

アプリの申請を行う1カ月前にようやくユーザーテストに漕ぎつけたが、期待した結果に至らず、急遽メインアイコンのデザインとその名称を変更することになったのだ。中でも、デザインは時間と技術を必要とする作業であることから、無謀とも思える変更であった。

ランサーズ 

そんなピンチを救ったのが、そう、クラウドソーシングのランサーズだ。

 

ランサーズのコンペ式(※)で仕事を依頼することにより、わずか3日間で魅力的な提案を次々と集めることに成功した。募集期間の短さも、一人の人間がこなすのであれば支障を来したろうが、集団で色々な切り口で案件を考えるという集合知をもってすれば、支障とはならなかったのだ。

※1/コンペ方式…コンペの様に、依頼に対してランサーズに登録する複数のクリエイターが提案を行う依頼方式。

 

浜本氏はそんな当時を振り返り、「納品の速さがなによりのメリット」だと語る。急な変更によるピンチの中、ランサーズを活用して見事スケジュール通りに業務を遂行し、アプリを最高のタイミングでリリースした。そして、ユーザーに親しまれ易いデザインとなったことで、人気アプリとなるチャンスも得ることができた。ピンチをチャンスに変えたとも言える。

アプリのアイコンやニュースのジャンルアイコン以外にも、同社のWebサイト制作においてもランサーズ活用してきた氏は、ロゴ作成などの依頼も検討中だと言う。

砂時計

今回の事例から中小企業が学べることは、競争を増す製造業のグローバル市場において、中小企業が活路を見出す鍵となる「スピード感」がランサーズを活用することで実現できるということだろう。クラウドソーシングとは、時にはピンチをチャンスに変えられるような劇的なスピード感さえ実現できてしまう世界なのだ。

これまでアジア企業の活躍に唇を噛んできた日本企業には、クラウドソーシングをうまく活用しギアチェンジすることで、グローバル市場でアジア企業と対等に、否それ以上に闘って欲しい。

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

【取材協力】

●ランサーズ株式会社/〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-13 渋谷Rサンケイビル7F

http://www.lancers.co.jp

●スマートニュース株式会社/〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町8-9 メイセイビルディング 2F

http://www.smartnews.co.jp/

 

2013年11月号の記事より
WEBでは公開されていない記事や情報満載の雑誌版は毎号500円!

雑誌版の購入はこちらから

記者が選ぶおすすめ記事 

ランサーズ 山口さん 3

クラウドソーシング業界最大手、ランサーズ。人の働き方さえ変えていく、その存在に迫る!

「ランサーズ」その無限の可能性 クラウドソーシングで町工場に明るい未来を!

 

株式会社リバネス (1)

町工場や中小企業を対象としたクラウドソーシングサービスが登場した。株式会社リバネスが運営する『ResQue(レスキュー)』がそれだ。

株式会社リバネス 研究者と繋がりませんか?研究者と町工場の技術者を繋ぐクラウドソーシング『ResQue』スタート!

 

07_Sugino_gomu

産学連携から産まれたモノづくり。町工場の星 無人海底探査機「江戸っ子1号」。「弱者が集まって何か大きな目標を達成しようという共同開発、これができるのは日本だけだと私は思っているんです。日本はもともと農業国です。共同して山を開墾し、田植えを行ってきました。苦労も報酬も分かち合える民族性がある。その原点に立ち返って、さあ皆さん、同業の方たちと共にがんばってみませんか」

江戸っ子1号 町工場は日本のお家芸、「共同開発」で乗り切れ! 株式会社杉野ゴム化学工業所

お問い合わせ

本記事に対する、ご意見ご感想をお待ちしております。
BigLife21に対するご感想などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
※メールアドレスが公開されることはありません。

最新号ご案内

詳細を見る »

こちらからご購入いただけます

 

アクセスランキング

立ち読み

「BigLife21」の記事の一部をPDFで立ち読みすることができます。

読者プレゼント

Top