次世代の産業を担う【中小企業】初めて明かされる秘話
日本再生の鍵を探せ 企業x学校物語

美味しくなくていい。美味しくないほうがいい

obi2_column

Business Column イマドキのビジネスはだいたいそんな感じだ!

美味しくなくていい。美味しくないほうがいい

◆文:佐藤 さとる

 

01business_column (1)

少し前に、地方都市の「地域産業振興プロジェクト委員」というものをさせてもらったことがある。地域産業の振興と言うとなんだか壮大な感じがあるが、要は観光客向けのお菓子と旅館で出す料理を考えることだった。

初会合の席には地元の観光協会会長をはじめ、商工会議所会頭、菓子協会の長など地元お歴々の方が並んだ。冒頭、お歴々の方は「わが地にはこれこれという素晴らしい野菜や海の食材がある」とアピールした。その熱弁は、オバマ大統領に教えてやりたいほど情熱的だった。

曰く、「日本一、世界一だと思っている」。

ワタシは国立大学の准教授という方や某大手旅行代理店の部長に挟まれ、かしこまって座っていたが、その演説を聞きながら「そんな話は聞いたことがない。ありえない」と舌打ちしていた。なぜならワタシはその地元で生まれ育っており、親や親類も友人もいて一度たりとも、「世界一のこんなものができた」とか「日本一が生まれた」という話など聞いたことがなかったからだ。

 

実は地方に行くと「日本一だ、世界一だ」と語る名士の方は多い。けれど、たいがい本人が思っているだけで、ほとんど根拠がない。あっても甚だ希薄だ。件のお歴々の方もその類だ。

 

ワタシはその“オバマ大統領演説”のあとに率直に申し上げた。

「悪いが、あんたらの言ってる内容では日本一は無理だ。だいたいそんな食材や菓子類は、トウキョウにはいっぱいある。あんたら、トウキョウのデパ地下というところに足を運んでみたことがあるのか? デパ地下には日本一、世界一が沢山ある。きっとあんたらが行ったら、卒倒するだろう。つまりあんたらが呼ぼうとしているお客はそういうところに住んでいる舌も目も肥えた人なのだ。寝ぼけたことを言ってもらっては困る。町内会の味自慢コンテストではないんだ」という内容を、もちろん丁寧に申し上げた。

 

会場はたちまち、ワカゾーが何をいうという気配を残して、静まり返った。ワタシは、その空気を読みつつもリンカーン大統領のように話を続けた。

「日本一をつくりたいなら、他にないものをつくれ。例えば、この地では毎年秋になると鮭が上ってくる。その鮭を塩漬けにして身をほぐし、中に餡と混ぜあわせた『鮭まんじゅう』だ!」

ワタシの鮭まんじゅう発案に対して、すぐに地元の観光協会長が、「そんなまずいものは売れん!」と吐き棄てた。

ワタシは「つくってもいないのになぜまずいという? アナタの味覚やセンスが消費者を代弁しているのではない。大事なことはオンリーワンをつくることだ。だからまずくてもいいのだ」

すると隣の国立大学の栄養学の先生が、「でもおいしくないとまずいんじゃないですか」と問うてきた。

もちろんおいしければいい。でもデパ地下にも行ったこともない人たちが、「おいしい」とか言ってる程度のおいしいはたかが知れてる。

そもそも観光地で買う土産に品質は不要だ。本来観光地の土産はすべからくコミュニケーションツールとして存在する。行って、体験して「変だった」「わけがわかんなかった」ほうが話のネタになる。

「だから中途半端にうまそうなものより、恐いくらいまずそうなもののほうがいい。美味しくなくていいんですよ、先生」

国立大学の先生は、合点がいかないふうであったが、言わんとしていることは分かったようだ。

 

さて、どっちが魅力的だろう。

「味に自信があります。10個入り元祖◯◯(地域名)まんじゅう」

「マズさは折り紙付き! 鮭の切り身とこしあんのありえないコラボ! 鮭まんじゅう」

ビジネスは、いつもだいたいそんな感じだ。

 

obi2_column

2014年2・3月号の記事より
WEBでは公開されていない記事や情報多数の雑誌版は毎号500円!

雑誌版の購入はこちらから

記者が選ぶおすすめ記事 

16_Yodajuku01

漫画『ヒカルの碁』の天才棋士 倉田のモデルにもなった正真正銘の天才棋士 依田紀基九段。あまりに破天荒な性格から、『最後の無頼派』とも言われ、2ちゃんやニコ動でも人気の棋士。その豪快エピソードを妻である原幸子四段に伺った。

囲碁 依田紀基九段 依田塾 現代囲碁界きっての豪傑・依田九段伝説

 

P1000481 (1280x933)

いま、東京の東サイドが、オシャレなスポットに生まれ変わろうとしている。特に、蔵前あたりは、オシャレな雑貨屋さんと古き良き町並みが混然としていて、東京で最も刺激的なスポットと言える。このうねりを巻き起こした3団体リーダーによる鼎談!

モノマチ×あつらえ×SPEAK EAST! 変貌を遂げる台東区、この街はいずれパリになる!

 

09_new_frontier02

日本のポテンシャルはまだまだ高い。まだ知られていない、開拓されていない産業がある。その1つが昆虫産業である。その最前線の先には広大な沃野が広がっていた…。

未来の沃野を拓け!ビジネスニューフロンティア 1 東京農業大学 長島孝行教授 「脱 石油時代がやってくる 昆虫テクノロジーが未来を変える!」

お問い合わせ

本記事に対する、ご意見ご感想をお待ちしております。
BigLife21に対するご感想などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。
※メールアドレスが公開されることはありません。

最新号ご案内

詳細を見る »

こちらからご購入いただけます

 

アクセスランキング

立ち読み

「BigLife21」の記事の一部をPDFで立ち読みすることができます。

読者プレゼント

Top